info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 雇用・ブラック企業

雇用・ブラック企業

前衛2016年5月号

「安倍政権の打倒こそ最大の苦難軽減」〜分野・支部での政治的争点を明確にし参議院選挙での躍進をめざす

総務省の労働力調査では、日本の就業者の9.2%が、週60時間以上(週6日勤務として1日10時間以上)働いています。また、賃金は1998年以降、減少の一途で昨年は同年対比で月5万円、

>>>続きを読む

議会と自治体 2014年1月号おすすめ記事レポート

実態をつかみ、「ブラック企業」規制・雇用改善へ

失業率全国第2位、非正規率第5位 「県民経済計算」(福岡県)によれば、福岡県の雇用者報酬は、消費税増税がされた1997年以降、総額で9,600億円(1997年比で9.6%)減少して

>>>続きを読む

福岡民報2013年10月号資料

横行するパワハラ、セクハラ、いじめと急増する「個別労働紛争」

画像クリックでPDFファイルが開きます。

>>>続きを読む

2013.10.14資料

福岡県民の「働き方」はどうなっている

党県委員会に「対策チーム」を結成、活動開始 日本共産党福岡県委員会は「ブラック企業・雇用問題対策チーム」(まじま省三責任者・県副委員長)を発足し、県内のブラック企業や違法な働かせ方

>>>続きを読む

2013.06.01

賃上げと安定した雇用の拡大で暮らしと経済を立て直そう

日本共産党福岡県委員会は2013年5月15日、福岡市内で、中央委員会が2月に発表した「働く皆さんへのアピール」=賃上げと安定した雇用の拡大で 暮らしと経済を立て直そう」についてシン

>>>続きを読む

選挙のページ

g