info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 福岡で全県議員会議 党県委「戦争法案」阻もう

2015年5月23日(土)

福岡で全県議員会議 党県委「戦争法案」阻もう

九州・沖縄ブロック事務所 議員の活動紹介ブログより転載

全県議員会議「戦争法案」阻もう日本共産党福岡県委員会は5月20日、全県議員会議を福岡市内で開きました。会議では、安倍政権が狙う「戦争法案」を許さない草の根からのたたかいと党を強く大きくする活動に地方議員が先頭に立っていくことを確認しました。

会議の冒頭、いせだ良子参院比例候補があいさつ。「戦争反対に命をかけてたたかった先輩たちに恥じない、たたかいを今こそ」と決意を語りました。

岡野隆県委員長は、いっせい地方選での福岡県党の結果にふれ、前半・後半戦の改選議席数で12議席も上回る議席増の躍進は16年ぶりだと指摘。安倍政権の暴走政治と対決し、「たたかいと党勢拡大に一体でとりくみ、地方議員が先頭に立って奮闘しよう」と呼びかけました。

会議では9人が発言。高瀬菜穂子県議、星野美恵子福岡市議らが党躍進後の議会と地方政治の変化を生々しく語りました。真島省三、田村貴昭両衆院議員と連携した調査・提案が住民要求実現に大きな力になっていることが、複数の議員から報告され、6月議会でのとりくみ強化を交流しました。

(しんぶん赤旗 2015年5月22日)

選挙のページ

g