info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 全国で「憲法守れ」共同のうねり 福岡集会に1,800人

2015年6月14日(日)

全国で「憲法守れ」共同のうねり 福岡集会に1,800人青年・女性・弁護士…元気あふれる

九州・沖縄ブロック事務所 議員の活動紹介ブログより転載

ストップ戦争立法 若者を戦場に送るな!守ろう憲法9条!「戦争要らない」「九条まもれ」と福岡県弁護士会は6月13日、福岡市で「憲法違反の集団的自衛権に反対する市民集会」を開きました。約1,800人が参加し、集会後、日本共産党の仁比聡平参院議員、いせだ良子参院比例予定候補、地方議員らは、「戦争要らない」「九条まもれ」と唱和しながら九州一の繁華街・天神をパレードしました。

斉藤芳朗会長は「戦争する国づくりをやめさせるため、市民集会を第一歩に世論と運動を広めよう」と訴えました。

日弁連の伊藤真・憲法問題対策本部副本部長が基調講演。「憲法の理想に現実を近づけることこそ必要」と語り、「今を生きる者としての責任を果たすため、市民として主体的に行動するとともに、慌てず、焦らず、諦めず、多くの市民が連帯の力を示すことが大切」と強調しました。

日本共産党、民主党、社民党の各代表が登壇し、日本共産党の仁比聡平参院議員が挨拶しました。
(仁比議員の挨拶はコチラ)

青年、女性、市民団体、学者らが運動を広げようと相次ぎ訴えました。

福岡県糸島市の公務で働く男性は、妻と子どもの計5人で参加。「子どもたちのため、戦争する国づくりは許せない。みんなと団結して法案阻止に力を込めたい」と語りました。

パレードにはサウンドカーが走行。道行く人たちにアピールしました。

(しんぶん赤旗 2015年6月14日)

選挙のページ

g