info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 戦争法は廃止しかない 若者ら天神「ジャック」

2015年11月2日(月)

しんぶん赤旗 2015年11月2日

戦争法は廃止しかない 若者ら天神「ジャック」

天神ジャック「青年はあきらめていない。戦争法は廃止を」天神ジャック「戦争法絶対反対」「野党は共闘を」田村議員は「野党共闘を実現し戦争法廃止の内閣をつくるため全力を尽くす」と決意を表明いせだ良子参院比例候補もあいさつ「青年はあきらめていない。戦争法は廃止を」と若者憲法集会福岡実行委員会は11月1日、福岡市で「戦争法廃止!天神ジャック」を行いました。呼びかけに応えた青年や学生・生徒、母親、労働者など140人が、日曜日でにぎわう街頭4カ所で声をあげました。

参加者らはハロウィーンにあわせた仮装で注目を集め、戦争法反対のシール投票も楽しんでアピール。「戦争法絶対反対」「野党は共闘を」のコールに通りがかった学生や若者、お年寄りから共感の手拍子や手振りが送られていました。

日本共産党の田村貴昭衆院議員といせだ良子参院比例候補、民主党の野田国義参院議員があいさつしました。田村議員は「野党共闘を実現し戦争法廃止の内閣をつくるため全力を尽くす」と決意を表明。野田議員は「自民1強と対決するため野党協力が大切」と呼びかけました。

運動をフェードアウトさせてはいけないと参加した福岡県小郡市の塾講師(35歳)は「集団的自衛権は他国に攻め込むためにしか使われていない。安保法廃止のために、他は置いても結集しなければ。自分もブログなどで訴えていきたい」と話しました。

選挙のページ

g