info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 政権暴走を止める力 いせだ・しばた参院候補が訴え

2016年1月23日(土)

しんぶん赤旗 2016年1月23日

政権暴走を止める力 いせだ・しばた参院候補が訴え福岡・筑後市

201街頭演説する(右から)いせだ参院比例候補、しばた福岡選挙区候補日本共産党のいせだ良子参院比例候補としばた雅子福岡選挙区候補は1月21日、福岡県筑後市の4カ所で街頭演説をしました。

いせだ候補は、「農業を破壊するTPP(環太平洋連携協定)ストップの声を広げていこう」とのべ、農業再建のための所得保障や後継者対策の必要性を強調しました。消費税や戦争法をめぐる国会論戦を紹介。「消費税増税は許さない、戦争法廃止を、この願いを日本共産党にお寄せください」と呼びかけました。

しばた候補は「日本共産党が伸びることが安倍政権の暴走を止める力になる」と訴えました。

田園風景が広がる沿道での演説に、車からの手振りや、信号待ちの間ドライバーが窓を開けて話を聞いていく姿が見られました。

演説の合間に福建労筑後支部の婦人部の集いであいさつ。「女性の権利を守ってもらいたい」「消費税増税を止めてほしい」との声が寄せられました。

演説の応援に駆け付けた市内の男性(75)は「負けたらいけんたたかい。年賀状で友人に党への支持を呼びかけたが電話などでも訴えを広げていきたい」と話しました。

選挙のページ

g