info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 野党共闘の拠点に 衆院福岡6区補選小林候補事務所開き

2016年9月13日(火)

しんぶん赤旗 2016年9月13日

野党共闘の拠点に 衆院福岡6区補選小林候補事務所開き

衆院補選 福岡6区 小林とき子候補衆院福岡6区補選(10月11日告示、23日投開票)に向け、日本共産党の小林とき子候補の事務所開きが11日、久留米市で行われました。党員や支援者130人が集まり、市民と野党の共同で安倍政権に審判をくだそうと語り合いました。

小林候補は、野党が共闘してこそ政治が変えられる確信を持っているとのべ、「野党共闘を実現させて戦争法を廃止し、格差と貧困を広げる安倍政権の暴走をストップするため最後まで全力を尽くします」と決意をのべました。

岡野隆県委員長は。国民をだまして得た議席で悪政を進める安倍政権に審判を下し、衆院選も視野に入れて野党共闘を進める市民団体「みんなで選挙ふくおかちっご(筑後)」の森田文弥さん(57)は憲法改悪の動きにふれ、「(改憲発議が可能となる国会議席の)3分の2取られている危機感を持って小林さん、共産党さんに頑張ってほしい。一緒ん日頑張りましょう」とあいさつしました。

参加した小井手祥さん(28)=介護福祉士=は給与の低さから介護の仕事を辞め、自衛隊に入った友達がいる。若い世代が将来に不安でなく希望が持てる政治に変えたい。自民党に勝てるよう、政策合意をして共闘してほしい」と話しました。

小林とき子候補 事務所開き

選挙のページ

g