info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 社会保障

福岡民報2016年2月

市町村国保の広域化は住民に何をもたらすか

はじめに 2015年の通常国会で国民健康保険法が改正され2018年度から都道府県が市町村とともに国民健康保険の運営を担い、財政運営については県が責任主体となることが決まりました。

>>>続きを読む

議会と自治体2015年10月号

保険料引き下げ、多子減免制度など国保改善のとりくみ

今年度の国保料を4,984円引き下げ 2018年度から国保の都道府県化をすすめる法改正が今国会で可決され、さまざまな不安や矛盾が噴き出しています。自公政権は、そうした事態への対応と

>>>続きを読む

福岡民報 2014年1月号レポート

市町村国保の広域化は住民に何をもたらすか

あいつぐ保険税(料)の値上げ 平成22年度以降、国保の広域化方針(福岡県、市町村国保広域化支援方針、平成22年12月策定、以下「支援方針」)に基づき、県内の各自治体で保険税(料)の

>>>続きを読む

2014.01.09資料

福岡県内市町村の国保行政の現状

それぞれの画像をクリックするとPDFファイルが開きます。 一人あたり国保料 国保資格証 法定外繰入金

>>>続きを読む

選挙のページ

g