info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 戦争法廃止一日も早く

2016年1月21日(木)

しんぶん赤旗 2016年1月21日

戦争法廃止一日も早く

「平和をあきらめない北九州ネット」(代表・服部弘昭弁護士)は19日、北九州市小倉北区の小倉駅前で戦争法を強行した安倍政権に抗議する集会を開きました。小雪が舞う中、青年や女性、労働組合員ら約400人が参加しました。

日本共産党の藤沢加代市議は「参院選で安倍政権を少数に追い込もう」と訴えました。

市内在住の若者たちでつくる「FYMkita9」のメンバーは「安倍政権の民主主義を踏みにじる行為を決して許せない」とのべました。

弁護士の池上遊事務局長は「戦争法のもとでは、自衛隊の海外での武力行使は必ず起こる。これからも毎月19日に訴える」と話しました。

署名した男子専門学校生(19)は「戦争することに反対との思いから署名した」と語りました。

選挙のページ

g