info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 原発再稼働 国民は拒否する 「川内やめて」

2015年6月8日(月)

原発再稼働 国民は拒否する 「川内やめて」福岡でストップ再稼働!大集会

九州・沖縄ブロック事務所 議員の活動紹介ブログより転載

集会後、元気にパレードする(前列左から)仁比聡平参院議員、田村貴昭衆院議員、いせだ良子参院比例予定候補、高瀬菜穂子県議、山口律子県議、真島省三衆院議員

集会後、元気にパレードする(前列左から)仁比聡平参院議員、田村貴昭衆院議員、いせだ良子参院比例予定候補、高瀬菜穂子県議、山口律子県議、真島省三衆院議員

今夏にも狙われている九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を許さないと「ストップ再稼働!大集会」(主催=原発いらない!九州実行委員会)が6月7日、九電本店のある福岡市で開かれました。全国から集まった1万5000人(主催者発表)が、黄色の風船や傘を振って「再稼働反対」とコールしました。

川内原発から30キロ圏内の熊本県水俣市から3人の子どもと参加した女性(31)は「原発を止めておかないと、子どもの将来が心配」と話します。長崎市から参加した女性(29)は「放射能の恐ろしさを被爆地・長崎から発信したい」と語りました。

福島原発告訴団の武藤類子さんは「福島原発事故からまだ4年。何一つ解決していないのに、再稼働など事故被害者には信じられない」と批判。川内原発の地元を代表して鳥原良子さんが「現地は全国のたたかいに励まされている」と語ると、参加者は大きな連帯の拍手で応えました。

原発をなくす全国連絡会の長尾ゆりさん(全労連副議長)や首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんら協賛団体代表、全国呼びかけ人の九州大学大学院教授の吉岡斉さん、作家の広瀬隆さん、明通(みょうつう)寺(福井県小浜市)住職の中嶌哲演(なかじま てつえん)さんがあいさつしました。

政党あいさつで日本共産党の真島省三、田村貴昭両衆院議員、仁比聡平参院議員が登壇。政党あいさつで日本共産党の真島省三、田村貴昭両衆院議員、仁比聡平参院議員が登壇。真島氏が「火山の監視体制は不十分。世界一危険な川内原発の再稼働を阻止しよう」と呼びかけました。社民党国会議員も訴えました。

集会後、コールしながら、九電本店などへ向けて市内をデモ行進しました。

(しんぶん赤旗 2015年6月8日)

選挙のページ

g