info@fjcp.jpご意見ご要望をおよせください

トップ > 県政・政策 > 県委員会ニュース > 衆院で法案撤廃させよう 北九州市で田村議員が国政報告

2015年6月28日(日)

衆院で法案撤廃させよう 北九州市で田村議員が国政報告

九州・沖縄ブロック事務所 議員の活動紹介ブログより転載

田村貴昭衆院議員が国政報告北九州市の小倉南区日本共産党後援会は6月27日、後援会総会とともに、田村貴昭衆院議員を迎えて国会報告会を開きました。85人が参加しました。

田村氏は「戦争法案の論戦は『入り口』で止まっている。それは、法案の中身が憲法条文と整合性がないからだ」とのべ、「法案反対が多数を占める世論をつくってきたのは私たちであり、日常不断の後援会活動にある。何としても衆議院の段階で戦後最悪の法案を撤廃させよう」と訴えました。

総会では、衆院選での党躍進の力を受けて、4月には高瀬菜穂子さんが県議の議席を8年ぶりに回復させた活動内容を振り返り、参加者は引き続いて、いせだ良子参院比例候補を国会に押し上げる決意を固めました。
 

(しんぶん赤旗 2015年6月30日)

選挙のページ

g